胃・大腸検査

胃腸科

胃腸科

早期胃がん、大腸がんの発見胃・十二指腸潰瘍の診断、治療ヘリコバクター・ピロリ菌の検査、除菌治療胃・大腸内視鏡検査(要予約)当院では鎮静剤、鎮痛剤を使用し、苦痛のない、安全な検査を施行、検査終了後はリカバリー・ルームでゆっくり休んで頂き、写真を見ながら分かり易くご説明いたします。
胃と大腸の同日検査も可能です。

人間ドックインターネット予約はこちら

人間ドック・生活習慣病予防健診インターネット予約はこちら

胃内視鏡検査の受け方

検査の前夜の夕食は夕方9時ごろまでに、いつもより少なめにとってください。当日の朝は、何も食べないようにします。 病院では胃をきれいにする薬を最初に飲みます。 内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、咽喉の奥を麻酔します。
体をしめつけるものは、できるだけはずして、リラックスしてください。
上着は脱ぎ、メガネや入歯をはずし、ベルトはゆるめます。
検査室のベッドに横になり、体の緊張をとる鎮静剤の注射を打ちます。 内視鏡(スコープ)はムリに飲み込もうとせず、医師の指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると、検査は楽に受けられます。
全身の力を抜いてゆったりした気持ちで受けましょう。検査は数分間で終わります。
 
検査が終わっても、咽喉の麻酔は30分くらい残っています。すぐにうがいなどはしないでください。
自動車の運転をしばらく見合わせてください。
検査が終わった後は、安定剤の影響で眠気、ふらつきなどが現れる場合があるので、別室にて30分から1時間程度お休みいただきます。  

大腸内視鏡検査の受け方

検査の3日前から食事で消化の悪いもの(繊維が多い、種が多いなど)は控えてください。前日の夕食は午後9時ぐらいまでにとり、その後は絶食です。水分はとって構いません。 前日から食後に指定の洗腸液を飲んでいただきます。当日は約2リットル程度の大腸の洗浄水を飲んでいただき、お腹の中を空にします。 便がきれいになったら、更衣室で検査着に着替え、検査室へ移動します。
検査室のベッドに横になり、体の緊張をとる鎮静剤の注射を打ちます。 検査中はリラックスしてベッドに横向きになってください。 大腸をよく観察するために横向きから仰向きになっていただく場合もあります。担当医の指示に従ってください。
 
検査当日はお車の運転はできません。また、検査でポリープを切除した方は出血予防のため検査後1週間は、運動、旅行、出張をお控えください。 検査が終わった後は、安定剤の影響で眠気、ふらつきなどが現れる場合があるので、別室にて30分から1時間程度お休みいただきます。